• Yoki

Socks 編もう!

明日、ソックスの準備書きます。

と、言っておきながら

書かずにインスタLIVEに突入していまいました。ごめんなさい。


ですが、また順を追って見ていただくこともあるのではと思うので…

今更ですが、書いていきますね。



ソックスを編むと言っても

色々な方法があるのですが

まずは、私が一番簡単だと思う

ミニ輪針で、履き口から編む

Basic Socks(基本的なソックス)を

英語のパターンで編んでみましょう〜♪


最初のソックスは、

靴下の形になることを目標にしてに

編んでみましょうね!


サイズやフィット感など…は、

とりあえずあまりこだわらずに進めますね。


まず必要なのは

①ソックヤーン1玉(100g)

②ミニ輪針(23cm)

③スティッチマーカー 1つ

④メジャー

です。



ソックヤーンというのは、

その名前の如く、靴下を編むための糸

100g玉のものが多く、

1玉で両足分編むことができます。


100%ウールではなく

ウール75%アクリルやナイロン25%

などの混紡にすることで

擦れに強く、洗濯機で洗える

優れものなので、やはりおすすめです。


今回、同好会の皆様にご紹介したのは、

Opal (オパール)

Schoppel (ショッペル)は、ドイツ🇩🇪

1800円前後

Chameleon Camera (カメレオン カメラ)は、イタリア🇮🇹の糸

1200円前後

そのまま Sock yarnという名の糸もあり、これはトルコ🇹🇷の糸で600円前後とお値打ち品


どれも綺麗で

選ぶのが楽しいし

イコール

編んでいても楽しい〜♪


のが、ソックヤーン


私がご紹介したのは、

ほんのほんの一部…

色々あるので、

お気に入りを探してくださいね。

そして、

ネットで簡単に買うことはできますが

1玉だけ買おうと思うと

送料がかかってしまって割高になることも多い…


そんな時こそ

山のお家にご相談ください!

皆様にお声をかけてもいいし

他の毛糸と合わせ買いで仕入れることもできますからね。^_^


もちろん、

素敵な糸を見つけたらこれからも

紹介していきます。販売もしますね。


ミニ輪針(23cm/9") 3号JP

昔は、靴下や手袋など

小さい物を編む時は、

短めの5本針が定番だったと思います。


ので、ハードルが高かった

のは、きっと私だけではないでしょう。


今は、他にも簡単に編める道具や

方法も広まっていますので、

ご紹介していきたいと思っていますが、

まずは、これで!


そして、号数なのですが

今回おすすめしたのは、

日本の棒針の号数では、3号で3mm のもの

アメリカの棒針3号は、3.25mmなの。

微妙にずれてるんだなぁ


これについても、説明しだすと

長ーくなるのですが

とりあえず、

手に入りやすく編みやすいものを

おすすめしました!


スティッチマーカー

輪針で編むときは、

段をround と言うのでしたね!

グルグル編む=始まりがどこ?ってことになるので、

周の始まりの目印にマーカーつけておきましょう。


とりあえず、1つ!


スティッチマーカーがなければ

クリップ📎や糸端を輪にしたものでも

代用できますよ。


山のお家オリジナルマーカーは、

ソックス用に

小さくて邪魔にならない程よい大きさで

作ってあるのですよ。


ついでに

マーカー関連の英語と略語も覚えちゃいましょう。

m = スティッチマーカー

pm = Place marker (プレイスマーカー)

マーカーをつける(入れる)こと

sm = Slip marker (スリップマーカー)

左針のマーカーを右針に移す

rm = Remove marker (リムーブマーカー)

マーカーを外す


ということで、

Let’s knit together !