top of page
  • 執筆者の写真Yoki

ももちゃんと媒染の話

先日、

自然染色アガデミアⅡを開催

1回目で下染してあったものを

アカメガシワで染めました。


その日のことを、ももちゃんが


そこにも書いて下さっているように

ももちゃんと初めて会ったのは

恵さんが誘って下さって参加した

才賀みなさん宅でのワークショップ

2020年の11月11日だったようです。

ヤシャブシで手拭いを染めるワークショップ

でした。

丁寧に絞りを教えてもらい

プラス

ベンガラの染料で絞ったところに色を入れるというので無茶無茶テンションup!

素敵な手拭いができました。

今も使っています^_^


山のお家を見つけたのと

ほぼ同時に藍染に出会いハマりだしていて

自然染色に目が向き始めたころでした。


自然染色については

まだ知識もほとんどなかったのですが

なぜに媒染に金属を使うんだろ?とは

不思議に思っていたんです。


そして、このワークショップ中に

ももちゃんがつぶやいた一言が

とてもとても印象に残りました。


そっか…金属を入れたら

地球の全てがつながるのか…

みたいなことを

皆んなにではなくボソッと

呟かれたのを聞いたんだったと思う

のですが


なんだか

私もそれを聞いてハッとして

「この人凄っ!」って思ったのを

思い出しました。😆


自然から色をいただく自然染色

その行程の作業をする中で

湧いてくる疑問や謎

それを紐解くことで

近づいていける世界があるんですよね。

それと真摯に向き合っていて

感じたこと、分かったことを

わかりやすく

言葉にして話してくれるのが

ももちゃんの座学。


自分で感じていることも

言葉にしてもらうと腑に落ちてくる。

だから大好き。


自然染色って

ただ綺麗だから

したいんではないんだなぁ

って思う瞬間があるんですよね。


だけど

ただ染めればいいんです。

ただ綺麗だからでいいんです。^_^

何か残るから

少し行きたいところに近づけるから


それに実用的!


夏中ヘビロテで黄ばんでしまった

奈津さんに縫ってもらった

お気に入りのバギーパンツ

残った染め液で染めさせていただきました。

(オーナー特権?!😅)

鉄媒染でCoolに再生〜

冬も重ね着でまたまたヘビロテしそうです。

こんな経験をして

そろそろファストファッションを

卒業する人が増えていったらいいなぁって

思っています。


ので

ももちゃんから学んだ自然染色を

実践していく

山のお家の自然染色Labo

ボチボチ始めます。

(ももちゃんがいなくても

試行錯誤しながら染める会です。)


一緒にボチボチやってみたい方

グループに招待しますので

コメントしてね!






閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これからの山のお家K⁂

GWも終わり、私的日常が戻ってきました。 気温は落ち着きませんが 新緑が美しい季節です。 山のお家K⁂は、 きたる6月15日で3周年を迎えます。 自然に囲まれた素敵な場所をシェアすることで、「幸せの環が広がったらいいなぁ」との思いで 編み物同好会から始まり システムや規約を少しずつ 変えながら現在の形になっています。 が また変化するタイミングが来たようです。 やっと慣れたのに?と 思った方…ごめ

Comments


bottom of page