top of page
  • 執筆者の写真Yoki

ということは…

更新日:2023年1月24日

会員(メンバー)さんには、

1000yen/月 の会費を頂戴しています。

特典は

・いつでもフリードリンク

・置きマグができる

だけではありませんので

もっとご利用くださいね。

(って…案内ができてないんだなぁと

反省しかり…今頃ですが聞いてください。)


前投稿に書いたように


プライベート予約を活用してください。


プライベートってタイトルがいかんかなあ?

一人で来ないといけないってことでは

ありません。


もちろん

お一人で来てもらってもいいです。

お友達、仲間を誘って

何かしに来てもらったらいいんですよ。


ほら、

みなさん〜

ここで出会った

好きなことが同じ仲間が

できているんじゃないですか?


ということです。


メンバーさんは

いつでも山のお家を使って

何かすることができる。


最近ボチボチ増えてきた

ランチ会

ミーティング

お話会

などなど…


どなたでも開催可能だということですよ。

小さな編み会もいいですね〜♪


ただし

メンバーでない方も参加する場合

数人以上が集まる場合

有料にされる場合は、

事前にご相談ください。


私達の大切な場所で

開催するのにふさわしくないと

判断した場合は、お断りします。

(私の判断です。)


お一人でお越しの場合は

フラッと 

アプリからプライベート予約して

お越しください。

1時間枠の設定なので

必要な時間分ご予約下さいね。


私Yokiと何かしたい時もプライベート予約

・編み物ちょっと教えて!

・ちょっと針と糸使いたい

・お話したいー

なんて、大歓迎です。^_^


 

そして

誰もが先生になるチャンスがあることも

お忘れなく!


特に資格や肩書きがなくても

皆んなに伝えたいことがあれば

山のお家を使ってください。

使用料もマージンもいただきません。


何かやってみようと思った時に

気楽に踏み出せる場所にしたいと

思っているんです。


誰も来なくても始めてみよう!

そんな気持ちを応援したいと思っています。


桂子先生も

全く同じメンバーです。

今ではたくさんの生徒さんが来てくださって

いますが、会費も待遇も皆さんと全く同じ。


山のお家を始めたと同時に

ビヨンドザリーフのワークショップを始めて

ご自分のスタイルを育てていかれた素敵なお手本です。


今ではプラチナ講師だし

ヴォーグの講師と肩書きは増えましたが

山のお家では、

皆さんと同じメンバーさんです。

レッスン中は先生なだけ…


そんな夢を叶えたメンバーさんに

お話を聞くのもよいですよね。


桂子先生を例にあげさせていただきましたが

ここに来る方は、実に多彩

多才な方が多いのですよ〜


やりたいのに行ける日がないなら

リクエストワークショップを依頼してみてください。叶うかもしれません。

これもメンバー特典です。


ランチでテーブル囲んでいるとき

実はこんなことやりたい!と話題にしたら

実現するってことが多々ありました。

何かに参加してみる。

違う分野をのぞいてみる。

メンバー同士

気軽に交流してもらえばいいじゃないですか?


チャンスも出会いも

自分から見つけに行く気持ちが必要

だと思います。


やりたいと思ったら自分から動いてください

考えているだけではだめ!なのよ。


一歩踏み出すことで

素敵な流れが始まるはず。


この場所は、

それを後押ししてくれる。

そんな場所だと思うから

みなさんにシェアしています。

大切に大切に…


今年は卯年🐇

ジャンプアップの年です。


山のお家を活用して

楽しい年にしていただけるように

私も頑張ります!


ご不明な点は、

私に直接お問い合わせください。


公式LINEのから

メッセージしていただくのが確実です。



公式LINEは

メンバーでない方もご登録いただけるようにしました。

不定期にスケジュールなどお知らせしています。







閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これからの山のお家K⁂

GWも終わり、私的日常が戻ってきました。 気温は落ち着きませんが 新緑が美しい季節です。 山のお家K⁂は、 きたる6月15日で3周年を迎えます。 自然に囲まれた素敵な場所をシェアすることで、「幸せの環が広がったらいいなぁ」との思いで 編み物同好会から始まり システムや規約を少しずつ 変えながら現在の形になっています。 が また変化するタイミングが来たようです。 やっと慣れたのに?と 思った方…ごめ

Comments


bottom of page